1. ホーム
  2. レポート
  3. 防災の現場
  4. 平成28年熊本地震が発生、過去最大規模の地震発生回数

平成28年熊本地震が発生、過去最大規模の地震発生回数

2016.04.18

 観測史上4度目の震度7、阪神・淡路大震災に匹敵するマグニチュード7.3、過去最大規模の地震発生回数――。私たちはいま、内陸直下型地震の恐怖を再び目の当たりにしている。

震度1以上の地震が540回発生

 14日21時26分、熊本地方でマグニチュード(M)6.5の地震が発生し、熊本県益城町で震度7を観測した。国内で震度7が観測されたのは、阪神・淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災に続いて4例目。この地震を気象庁は「平成28(2016)年熊本地震」と命名した。

 16日1時25分、今度はM7.3の地震が発生し、熊本県内で震度6強を観測した。気象庁は、この地震が「本震」で、14日に発生した地震は「前震」にあたるとの見解を示した。地震の規模を示すM7.3は、阪神・淡路大震災や2000年鳥取県西部地震と並ぶもので、国内の直下型地震としては最大級の規模だった。

20160418_01.JPG

 14日以降、熊本県や大分県では地震活動が極めて活発な状態が続いている。気象庁の観測によると、18日15時現在、震度7の地震は1回、6強は3回、6弱は3回発生している。震度1を観測する地震は540回発生している。また、18日13時30分現在、M3.5以上の地震は177回発生しており、1995年以降の地震では最大規模で推移している。

 総務省消防庁の18日14時45分現在のまとめによると、この地震により熊本県で42人が亡くなり、負傷者は熊本県を含む5県で1098人に上っている。住家被害は熊本県内で全壊が400棟、半壊が熊本・大分・宮崎の3県で1268棟などとなっている。

20160418_02.JPG

車で寝泊まりする場合は肺血栓症に注意

 大きな揺れが続発することから、多くの人が避難所に集まっている。熊本県の18日9時現在のまとめによると、県内では638個所の避難所に10万4900人が避難している。避難者が多いために避難所内に入ることができず、近くに止めた車の中で寝泊まりする人も多いという。

 車中泊が多かった新潟県中越地震では、「肺塞栓症(エコノミークラス症候群)」の問題がクローズアップされた。同じ姿勢で長時間足を動かさないでいると、血行不良が起こって血液が固まりやすくなる。この血の塊(血栓)が血流に運ばれて肺や脳の血管をふさぎ、肺栓塞や脳卒中などが起こりやすくなる。狭い車内で寝起きしたり、避難所で長時間同じ姿勢だったりする場合には注意が必要だ。

 エコノミークラス症候群を予防するためには、定期的に散歩をするなど足を動かすことが効果的。座ったままでも、つま先や足首を動かしたり、ふくらはぎをマッサージしたりして血行をよくするよう努めたい。十分な水分を摂り、ゆったりした服装で過ごすことも重要だ。

被災地外の人は備蓄品の再確認を

 避難者の急増により、水や食料などの支援物資が行き渡らないなどの混乱が生じているようだ。物資供給の連携体制を一刻も早く構築し、被災者一人ひとり必要な物資を届けるようにする必要がある。

 ただ、被災地外の地域にいる人たちは、改めて自らの防災対策を点検してほしい。地震の際は、熊本地震のようにライフランや物流が寸断され、支援物資が届くのに時間がかかる場合がある。東日本大震災の教訓から、少なくとも3日分、できれば1週間分の水と食料を備えることが呼びかけられてきた。あなたの家庭の備えはどうだろうか。家族に必要な物資が備えられているだろうか。いま、地震が起きたらあなたと家族は少なくとも3日間を自力で過ごすことができるだろうか。

20160418_03.jpg

 災害用保存食を特別に備える必要はない。缶詰やレトルト食品など普段利用している食品を多めに購入しておいて、消費したらその分補充する「ローリングストック(回転備蓄)法」を用いれば、常に一定量の食料を自宅に備えることができる。

 気象庁は、熊本県から大分県にかけて活発な地震活動が続いているとして、家屋の倒壊や土砂災害などの危険に警戒するよう呼びかけている。被災地の皆さんが安心して眠れる夜が一日も早く訪れてほしい。一方で、被災地外の人たちも自分自身の地震への備えを確認し、不足があればすぐに対策を講じてほしい。