1. ホーム
  2. レポート
  3. 防災の現場

防災の現場|レポート

熊本地震、4300回の恐怖

熊本地震、4300回の恐怖

2017.04.18

平成28年(2016年)熊本地震から1年が経過した。 昨年4月14日21時26分に発生した前震と約28時間後の16日1時25分に続発した本震のいずれも...

平成28年の救急出動件数、過去最多記録を更新

平成28年の救急出動件数、過去最多記録を更新

2017.03.31

総務省消防庁は21日、平成28年中の救急出動件数の速報値を発表した。救急出動件数は621万82件、搬送人員数は562万889人となり、いずれも過去最多...

東日本大震災から6年

東日本大震災から6年

2017.03.17

東日本大震災から6回目の「3.11」を迎えた。被災地ではない場所に暮らす多くの人は、時が経るごとに震災から受けた衝撃の記憶が薄れ、被災地への関心が低下...

緊急避難場所が「地理院地図」で閲覧可能に

緊急避難場所が「地理院地図」で閲覧可能に

2017.02.28

市区町村が指定する「指定緊急避難場所」は、災害が発生した際、身の安全を確保するために緊急的に避難する場所だ。 洪水や土砂災害、地震などの災害種別ごとに...

活断層の地震を理解しよう--文科省、気象庁が啓発資料を作成

活断層の地震を理解しよう--文科省、気象庁が啓発資料を作成

2017.02.17

昨年発生した「平成28年熊本地震」は、活断層型地震の怖さを改めて知らしめた。 活断層による地震にはどのような特徴があり、どのように備えればよいのだろう...

減少する火災VS増大する救急需要--『平成28年版消防白書』

減少する火災VS増大する救急需要--『平成28年版消防白書』

2017.01.31

総務省消防庁は毎年の年の瀬に『消防白書』を刊行している。『平成28年版消防白書』も昨年12月20日に閣議で配布し、一般に公表した。 今回の白書、巻頭特...

「避難準備情報」→「避難準備・高齢者等避難開始」に名称変更

「避難準備情報」→「避難準備・高齢者等避難開始」に名称変更

2017.01.19

内閣府は先月26日、市区町村が高齢者や障がい者などの要配慮者に早めの避難を促す「避難準備情報」の名称を「避難準備・高齢者等避難開始」に変更した。この日...

糸魚川市で大規模な市街地火災が発生

糸魚川市で大規模な市街地火災が発生

2016.12.30

暮れも押し詰まった22日、新潟県の糸魚川市で約4万平方メートルの市街地が焼失する大規模火災が発生した。出火原因は飲食店における鍋の空だきと見られている...

創設50年を迎えた地震保険、来年1月からは保険料引き上げも

創設50年を迎えた地震保険、来年1月からは保険料引き上げも

2016.12.18

今年は地震保険制度が創設されて50周年の節目の年だ。「地震保険に関する法律」が公布・施行されたのは1966(昭和41)年5月18日のことだ。 地震保険...

ハザードマップポータルサイトがリニューアルして機能充実

ハザードマップポータルサイトがリニューアルして機能充実

2016.11.30

自宅のある場所は災害時にどのような危険があるのか――このことをしっかり把握できている人はどれくらいいるだろうか。 ハザードマップは、地域で想定されてい...

現行の建築基準は熊本地震でも有効だった

現行の建築基準は熊本地震でも有効だった

2016.11.17

熊本地震の発生から7か月が経過した今月14日、熊本県内で建設が予定されていたすべての応急仮設住宅が完成したという報道があった。 県の資料をみると、16...

鳥取県中部の地震、活断層が知られていない場所で発生

鳥取県中部の地震、活断層が知られていない場所で発生

2016.10.31

鳥取県中部で10月21日、マグニチュード6.6(暫定値)の地震が発生、同県倉吉市等で最大震度6弱を観測した。これまでに活断層が確認されていない場所で、...

御嶽山噴火から2年、登山者に求められる

御嶽山噴火から2年、登山者に求められる"自助"

2016.10.18

9月27日、戦後最大の火山災害となった御嶽山の噴火から2年が経過した。2年前のこの日、紅葉シーズンの週末のお昼時、御嶽山は噴火した。大勢の登山客が巻き...